情報セキュリティの基礎
  • なぜ情報セキュリティ対策が必要なのか~
    • 企業経営と情報資産
    • 情報セキュリティ対策の基礎
  • メールにおける情報セキュリティ対策
    • メールの使用に際してのセキュリティ
    • メールに伴うセキュリティリスク
    • 添付ファイル
    • 迷惑メール
    • 標的型攻撃メール
  • コンピュータを使う上での情報セキュリティ対策
    • マルウェアの脅威とその対策
    • ファイル共有ソフト
    • コンピュータの管理
    • 無線LANとモバイルデバイス
    • 新しいインターネットサービス
  • オフィスと日常業務の情報セキュリティ対策
    • オフィスからの情報漏えい対策
    • ソーシャルエンジニアリング
    • コンピュータ犯罪対策
    • 組織としての情報セキュリティへの取組み
  • 参考資料
    • 情報セキュリティ対策に役立つ情報集

情報取り扱い編
いまさら聞けない対策ポイント
  • 「情報セキュテリィ体制」をたずねられたら
  • 「書類・データの取り扱い方法」を
たずねられたら
    • 取得・入力する際の対策
    • 利用・加工する際の対策
    • 保管・保存する際の対策
    • 移送・送信する際の対策
    • 消去・廃棄する際の対策
  • お役立ちツール
  • 情報セキュリティ対策セルフチェック
  • 情報セキュリティ事故事例集
  • 情報セキュリティ様式集
移送・送信する際の対策
書類を移送・送信する際の対策
日常業務では、社外に機密情報を含んだ書類の持ち出しや、郵送・配送する場面が多くあるでしょう。しかし、適切な情報セキュリティ対策を実施していないと、持ち出し中や郵送・配送中に情報が漏えいしてしまう可能性があります。
書類を移送・送信する際には以下のような対策が求められます。
  • 持ち出し
    • 書類の持ち出し管理を行う
    • 書類を肌身離さず持ち運ぶ
  • 郵送・配送
    • 宛先を再確認する
    • 配達記録が残る手段を利用する
    • 開封防止対策を講じる
    • 郵便・宅配業者と機密保持契約を締結する
    • 書類の到着確認を行う
  • FAX
    • 送信前に宛先を再確認する
    • 短縮ダイヤルを使用する
    • FAXの受け取り確認を行う

データを移送・送信する際の対策
最近ではメールや記憶媒体で容易に大容量のデータを取り扱うことが可能になりました。
それに伴い、情報セキュリティ対策が十分でないと、大量の機密情報が情報漏えいなどの危険にさらされます。特にメールの誤送信は後を絶ちません。
データを移送・送信する際には以下のような対策が求められます。
  • メール
    • 添付ファイルのパスワード設定や暗号化を行う
    • メール送信前に宛先を再確認する
    • アドレス帳を利用してのメールを送信する
  • 記憶媒体
    • 記憶媒体内の機密データのパスワード設定や暗号化を行う
    • 記憶媒体の持ち出し管理を行う
  • モバイルパソコン
    • BIOSパスワードを設定する
    • ハードディスクを暗号化する
    • モバイルパソコンの持ち出し管理を行う
また、携帯電話持ち出し時の紛失や盗難が増加しています。
紛失・盗難への対策としてネックストラップを使用した紛失の防止、パスワードや指紋認証で携帯電話をロックするなどがあげられます。


▲ページトップへ