情報セキュリティの基礎
15-2 フィッシング詐欺への対策
フィッシング詐欺は、ユーザをだますことによって成り立っています。したがって、怪しいメール、リンク先、Webサイトは、まず疑ってかかることが原則です。フィッシング詐欺の被害に遭わないためには、以下の点に注意しましょう。
  • メールの送信元(差出人)を安易に信用しない
  • メールの内容を安易に信用しない
  • リンクを安易にクリックしない
  • 入力前に本物のサイトかどうか確認する
    アドレスバーに正しいURLが表示されているか確認する
    SSL接続を示す錠アイコンがないWebサイトに個人情報を入力しない
情報セキュリティ読本三訂版(IPA)
▲ページトップへ