情報セキュリティの基礎
  • なぜ情報セキュリティ対策が必要なのか~
    • 企業経営と情報資産
    • 情報セキュリティ対策の基礎
  • メールにおける情報セキュリティ対策
    • メールの使用に際してのセキュリティ
    • メールに伴うセキュリティリスク
    • 添付ファイル
    • 迷惑メール
    • 標的型攻撃メール
  • コンピュータを使う上での情報セキュリティ対策
    • マルウェアの脅威とその対策
    • ファイル共有ソフト
    • コンピュータの管理
    • 無線LANとモバイルデバイス
    • 新しいインターネットサービス
  • オフィスと日常業務の情報セキュリティ対策
    • オフィスからの情報漏えい対策
    • ソーシャルエンジニアリング
    • コンピュータ犯罪対策
    • 組織としての情報セキュリティへの取組み
  • 参考資料
    • 情報セキュリティ対策に役立つ情報集

情報取り扱い編
いまさら聞けない対策ポイント
  • 「情報セキュテリィ体制」をたずねられたら
  • 「書類・データの取り扱い方法」を
たずねられたら
    • 取得・入力する際の対策
    • 利用・加工する際の対策
    • 保管・保存する際の対策
    • 移送・送信する際の対策
    • 消去・廃棄する際の対策
  • お役立ちツール
  • 情報セキュリティ対策セルフチェック
  • 情報セキュリティ事故事例集
  • 情報セキュリティ様式集
保管・保存する際の対策
書類を保管・保存する際の対策
機密情報を含んだ書類を机の上に積み上げたり放置したりすると、誤って紛失したり第三者に盗難されたり盗み見されたりする可能性があります。
したがって、適切な場所に保管して、第三者がアクセスできないようにすることが重要です。
書類を保管・保存する際には以下のような対策が求められます。
  • 機密書類の管理
    • 書類はキャビネットや机の引き出しに施錠保管する
    • 最終退室時に施錠の確認を行う
    • 情報資産の重要度に応じて、ラベリングして管理する
    • 保管場所や保管期限を明確にする
    • 退室の際に書類を机上に放置しない
  • 鍵の管理
    • 鍵の管理者を明確にする
    • 鍵の持ち出し管理を行う

データを保管・保存する際の対策
最近では大容量の機密データを、サーバやパソコン、記憶媒体に保存することが可能です。
しかし、情報セキュリティ対策を怠ると、第三者によって一度に多くの機密データを持ち出される危険性があるので注意が必要です。
機密データを保管・保存する際には以下のような対策が求められます。
  • 機密データの保存
    • パスワード設定や暗号化をする
    • バックアップがとられているサーバに保存する
  • 機密データの保管
    • ファイルやフォルダに適切なアクセス権を設定する
    • 記憶媒体は施錠可能な場所に保管する
  • 記憶媒体の保管場所
    • 高温多湿な場所を避ける
    • ホコリがつかないようにする
    • 直射日光に当てない
    • 強い磁気に当てない
    • 結露させない、水に濡らさない
▲ページトップへ