情報セキュリティの基礎
6-2 迷惑メールへの対策
各企業にて行うべき迷惑メールへの主な対策は、以下の通りです。
迷惑メールに反応しない
  • 迷惑メールに対して返信しない
  • 迷惑メールの本文に書かれたURLをクリックしない
興味本位に開かない
  • 迷惑メールは、興味本位で開かずに、そのまま削除する
  • 添付ファイルは絶対に開かない
  • htmlメールをプレビューする機能は使用しない(3-2参照)
迷惑メールの数を減らす
  • プロバイダやセキュリティサービス事業者のブロックサービスを利用する
  • ウイルス対策ソフトの迷惑メール対策機能を利用する
  • メールソフトの迷惑メール対策機能を利用する
  • スパムメール対策製品を導入する
▲ページトップへ