情報セキュリティの基礎
  • なぜ情報セキュリティ対策が必要なのか~
    • 企業経営と情報資産
    • 情報セキュリティ対策の基礎
  • メールにおける情報セキュリティ対策
    • メールの使用に際してのセキュリティ
    • メールに伴うセキュリティリスク
    • 添付ファイル
    • 迷惑メール
    • 標的型攻撃メール
  • コンピュータを使う上での情報セキュリティ対策
    • マルウェアの脅威とその対策
    • ファイル共有ソフト
    • コンピュータの管理
    • 無線LANとモバイルデバイス
    • 新しいインターネットサービス
  • オフィスと日常業務の情報セキュリティ対策
    • オフィスからの情報漏えい対策
    • ソーシャルエンジニアリング
    • コンピュータ犯罪対策
    • 組織としての情報セキュリティへの取組み
  • 参考資料
    • 情報セキュリティ対策に役立つ情報集

情報取り扱い編
いまさら聞けない対策ポイント
  • 「情報セキュテリィ体制」をたずねられたら
  • 「書類・データの取り扱い方法」を
たずねられたら
    • 取得・入力する際の対策
    • 利用・加工する際の対策
    • 保管・保存する際の対策
    • 移送・送信する際の対策
    • 消去・廃棄する際の対策
  • お役立ちツール
  • 情報セキュリティ対策セルフチェック
  • 情報セキュリティ事故事例集
  • 情報セキュリティ様式集
利用・加工する際の対策
書類を利用・加工する際の対策
機密情報を含む書類を利用・加工する際にも、第三者の盗難や盗み見が発生する可能性があります。書類を放置していると、機密情報が第三者に不正に取得されやすくなります。
書類を利用・加工する際には以下のような対策が求められます。
  • 機密書類の取り扱い
    • プリンタ出力後は速やかに回収する
    • 原本をコピー機に置き忘れないようにする
    • 書類を必要以上にコピーしない
    • 離席時には書類を机上に放置しない
    • 書類の部数管理を行う

データを利用・加工する際の対策
機密データを利用・加工する際には誤った情報の登録・更新や間違って情報を削除してしまう危険性があります。また、書類と同様に機密データが盗み見られることも考えられます。
機密データを利用・加工する際には以下のような対策が求められます。
  • 機密データの取り扱い
    • 機密データを加工する際は、加工内容の再確認を行う
    • 機密データを加工する際は、加工内容を別の人が確認する
    • 誤った削除に備えて、機密データをバックアップする
    • パソコンの画面をロック(クリアスクリーン)を行う
    • パソコンにのぞき見防止スクリーンを取り付ける
    また、権限がない人によって不正にデータが利用・加工されることがないよう、情報の登録や更新の権限を適切に付与することが重要です。

▲ページトップへ