ホーム > 情報取扱編 > お役立ちツール > 情報セキュリティ対策セルフチェック
情報セキュリティの基礎
  • なぜ情報セキュリティ対策が必要なのか~
    • 企業経営と情報資産
    • 情報セキュリティ対策の基礎
  • メールにおける情報セキュリティ対策
    • メールの使用に際してのセキュリティ
    • メールに伴うセキュリティリスク
    • 添付ファイル
    • 迷惑メール
    • 標的型攻撃メール
  • コンピュータを使う上での情報セキュリティ対策
    • マルウェアの脅威とその対策
    • ファイル共有ソフト
    • コンピュータの管理
    • 無線LANとモバイルデバイス
    • 新しいインターネットサービス
  • オフィスと日常業務の情報セキュリティ対策
    • オフィスからの情報漏えい対策
    • ソーシャルエンジニアリング
    • コンピュータ犯罪対策
    • 組織としての情報セキュリティへの取組み
  • 参考資料
    • 情報セキュリティ対策に役立つ情報集

情報取り扱い編
いまさら聞けない対策ポイント
  • 「情報セキュテリィ体制」をたずねられたら
  • 「書類・データの取り扱い方法」を
たずねられたら
  • お役立ちツール
  • 情報セキュリティ対策セルフチェック
  • 情報セキュリティ事故事例集
  • 情報セキュリティ様式集
情報セキュリティ対策セルフチェック
「情報セキュリテイ対策セルフチェックリスト?」について
「情報セキュリティ対策セルフチェックリスト」は、自社の情報の取り扱い状況を確認しながら、情報セキュリティ上の弱点を知ることができるチェックリストです。このチェックリストを使用することで「情報セキュリティの基礎」の章立てに合わせて、弱点のセルフチェックができます。チェック項目は全部で40問。この機会に、情報セキュリティの基本をあらためてチェックしてみてください。


情報セキュリティ対策チェックリスト

ダウンロード
ダウンロード
ダウンロード
ダウンロード
ダウンロード


「情報セキュリティ対策セルフチェックリスト」の使い方
  • 1.
    「情報セキュリティ対策セルフチェックリスト」のチェック内容を読み、自社の情報の取り扱い状況に「○あてはまる」「×あてはまらない」「?わからない」をチェック欄より選択します。
  • 2.
    すべてチェックした後、判定結果を見ます。判定結果はA、B、Cの3段階に分かれています。
  • 3.
    判定結果がBかCに該当する場合は、現状の対策になんらかの弱点があることが考えられます。「○あてはまる」または「?わからない」を選択したチェック内容を確認してください。そのチェック内容の項目が自社の弱点と言えますので、各項目について情報セキュリティ対策を検討する必要があります。判定結果がAに該当する場合は、最低限の対策が講じられていると考えてよいでしょう。
  • 4.
    各項目に応じた情報セキュリティ対策の具体的な説明は、「情報セキュリティの基礎」の各章に記載されています。情報セキュリティ対策を検討する際の参考にしてください。

判定基準と判定結果
▲ページトップへ