HOME >  部会・WGについて > 2020年度活動内容 > 事業コンプラアンス部会

事業コンプラアンス部会
2020年度活動内容

部会長:西本 逸郎(株式会社ラック)

サイバーセキュリティサービスの提供者が、ネットワーク社会、サービスを享受するお客様、そしてサービス従事者として自らを守るために、適正なセキュリティサービス事業遂行の在り方について検討する。
2018年度の「サイバーセキュリティ事業における適正な事業遂行の在り方に関する検討委員会」にて取りまとめた「サイバーセキュリティ事業者行動規範(案)」と「サイバーセキュリティ事業者の基本指針(案)」について継続して議論を実施し、今後の運用方策含めて検討を行う。

サイバーセキュリティ業務における倫理行動宣言(2019年8月公開)はこちらをご覧下さい ⇒

企画WG

リーダー:唐沢 勇輔(Japan Digital Design 株式会社)
1.WGの活動目的
本部会の企画検討や外部機関とのPoCを担う。また、 賛同企業の募集など、部会全体の取り組みに関する企画運営を行う。
1.WGの年間活動予定
・年2回程度の部会開催
・有識者会議の実施
・関連省庁に対する働きかけの実施
2.予定成果物
・法令改正の提案書

調査WG

リーダー:小村 誠一(NTTアドバンステクノロジ株式会社)
1.WGの活動目的
海外の事例や関連法制度に関する調査を実施する。今年度は英米におけるサイバー犯罪法体系の調査や、海外における事例を調査予定。
2.WGの年間活動予定
・WGを不定期で開催し、調査を行う
3.予定成果物
・調査結果を資料として公開

法令リスク研究WG

リーダー:田原 祐介(株式会社ラック)
1.WGの活動目的
サイバーセキュリティ業務の法令リスク一覧を作成したり、国内における事例研究を行う。どのような業務に、どういったリスクがあるか参照できる資料作成を目的とする。
2.WGの年間活動予定
・WGを不定期で開催し、研究活動を行う
・勉強会を開催する
3.予定成果物
・法令リスク研究を一覧として公開