HOME >  部会・WGについて > 2020年度活動内容 > 社会活動部会

社会活動部会
2020年度活動内容

部会長:丸山 司郎(株式会社ベネッセインフォシェル)
副部会長:唐沢 勇輔(Japan Digital Design 株式会社)

日本でもサイバーセキュリティがビジネスとして成立する時代となり、様々な社会問題が提起される事となってきた。
そのような中、JNSAがサイバーセキュリティ界における、社会問題の解決者として、今まで以上に社会に貢献していくために、従来から行ってきた活動の見直しを行うとともに、政策提言活動を行っていく。
具体的には、適正なセキュリティ事業遂行の促進、業界団体としての政策提言のとりまとめ、政府と協力した政策の促進、メディアや市場の力を活用した普及啓発活動、外部組織支援、国際・他団体連携などを行う。

海外市場開拓WG

リーダー:森 克宏(JPCERTコーディネーションセンター)
1.WGの活動目的
昨年度の活動を継続し、Made-in-Japanのセキュリティソリューションの海外展開・拡販を業界団体として促進する。 具体的には、RSA Conference USA 2021およびその他の展示会出展による参加企業の販売代理店の開拓、商談発掘の支援、海外セキュリティコミュニティとの連携を実施する。
また、海外市場に進出する上での手順や課題と解決策を纏めた「海外市場進出ガイド」のアップデートを実施する。さらにセキュリティ事業に特化した輸出関連の勉強会(成果物)も検討を進める。
2.WGの年間活動予定
・アジアの海外展示会にJNSAブース出展(夏〜秋)
・RSA Conference USA 2021 (2021年2月)にJAPANパビリオン出展
・海外市場進出ガイドのアップデート
・セキュリティ事業特化の輸出関連教育
3.予定成果物
・海外市場進出ガイド改版
・セキュリティ事業特化の輸出関連ガイド

CISO支援WG

リーダー:高橋 正和(株式会社 Preferred Networks)
1.WGの活動目的
CISOを支援するための、CISOハンドブックを展開する。
本年は、第2弾として技術評論社からの出版と、JNSA Webからの資料公開を予定している。
2.WGの年間活動予定
・CISOハンドブックの執筆
・9月ごろに出版
3.予定成果物
・CISOハンドブック第2弾(出版)
・関連ドキュメントの公開

JNSA CERC

リーダー: 橋 正和(株式会社 Preferred Networks)
1.活動目的
緊急時の情報交換のプラットフォームとして活動する。
2.年間活動予定
・緊急時対応

中小企業対策支援施策検討会

リーダー: 岩本 真人(トレンドマイクロ株式会社)
1.活動目的
次のような観点について意見交換を行い、その結果を国や自治体などの公的機関や支援団体等への提言の形に纏める。
- 情報セキュリティベンダーはこのマーケットをどう捉えるのか
- 中小企業と情報セキュリティベンダーの双方にとっての利益となる対策導入のモデル
- 中小企業と情報セキュリティベンダー双方がWin-Winの状態を得るために必要な公的な支援施策
2.年間活動予定
・不定期の会合、オンラインミーティンを開催
概ね半年〜1年弱で検討結果を纏める予定
3.予定成果物
・中小企業対策支援施策への提言、もしくは意見書などを想定し、具体的な成果物については、会合にて決定する

みんなで作ろう「サイバーセキュリティコミック」実行委員会

実行委員長: 本川 祐治(株式会社日立システムズ)
1.活動目的
サイバーセキュリティを取り巻く環境が年々厳しさを増す中、広くサイバーセキュリティ意識の向上が不可欠であると考え、コンテンツがもつ拡散力に注目し、セキュリティ知識の普及とネットリテラシーの向上、ネットを守るハッカーへの興味とイメージアップ、セキュリティ人材育成を促進することを目的として活動を行う。
2.年間活動予定
2020年4月10日 イベント詳細発表
2020年4月中旬〜2020年5月中旬 テーマ募集
2020年5月中旬〜7月上旬 テーマの決定、ストーリー作成
2020年秋頃 コミックtwitter配信開始
3.予定成果物
・SNSコミック8回配信