HOME >  JNSAについて > 会長ごあいさつ

会長ごあいさつ

 ■ 今後の情報社会とJNSA

会長 田中英彦
(情報セキュリティ大学院大学 名誉教授)
JNSA会長 田中英彦
会長/田中 英彦

情報セキュリティは、従来、その重要性が語られ、ようやく多くの企業では様々な対策が講じられ、様々なセキュリティ製品も開発されて参りました。しかしながら、情報セキュリティ対策と脅威は追っかけっこの様相を呈しており、人間のやることですので、浜の真砂と同様、情報セキュリティに完成は無いようにも思います。昨今、公的機関やグローバル企業からの情報漏洩、ランサムウエア被害などが報告され、それらをみると情報セキュリティはまだまだ十分ではないと思います。情報システムは一か所でも隙があればそこが弱点になりますし、グローバル企業は各国の文化や遣り方に応じた対策も必要です。

また、最近、情報セキュリティはグローバル問題であるとともに、社会問題であるという側面が強く出て参りました。セキュリティへの攻撃をかける目的も、お金を窃取するプロ集団や、対象への攻撃を請負ったり窃取情報等を販売するブラックマーケットが有り、思想や信念からの攻撃、更には、国がその攻撃に関与して資金詐取を行い、世論を操作し選挙等に影響を与える状況が出現しています。戦争も様相を変え、物理的な破壊に先立ち、サイバー攻撃を実施することが現実になっています。

一方、ITが発達しFacebook等のSNSが普及するに連れ、個人に関わる情報が容易に取得できる状況になった結果、それら膨大な情報を集めて分析に使い、個人の評価や経済活動に利用することが始まっております。これは単なるプライバシ問題ではなく、もっと根本的な問題を内包しており、GAFAと称されるグローバル情報企業の独占力は国間の課税問題にも発展しております。ブロックチェーン利用による暗号通貨の出現は今後の金融業を大きく変える可能性があり、ITは大変便利である反面、大きな社会問題を孕んでいます。単なる技術的課題ではなく、法制の改革と共に検討されなければならないグローバル課題です。このような状況にあって、情報セキュリティを担保し情報社会を健全に発展させることは、大変重要な仕事で、私たちのビジネス・生活が依って立つベースであります。

JNSAは、我が国の情報セキュリティを護る企業の先駆的な集まりとして、これまで様々な活動を通じ我が国の情報セキュリティに貢献して参りました。特に、実務的で社会に根差した多くの活動があり、例えば、広く使われている統計情報の提供、様々なノウハウ集、対処手法などを関係者が知恵を寄せあって作る活動、最新課題のワークショップや勉強会、更には情報セキュリティの啓発セミナを開催するなど、広範で活発な活動があり、社会のJNSAに対する期待は大変大きなものがあります。基礎研究の充実も課題で、今後とも、産・官・学の密な協力が求められます。

是非、皆様、今後ともそれぞれの力を持ち寄り、共によりよい情報環境を作りあげ、デジタル社会の基盤を作り上げようではありませんか。活発なご参画をお願いします。