HOME >  イベント・セミナー情報 > JNSA主催セミナー > IoTセキュリティセミナー

IoTセキュリティセミナー
〜Society5.0で実現する社会におけるIoTとAI、
そしてセキュリティはどうなるか?〜

Society5.0 というキーワードに踊らされているわけではありませんが、本セミナーでは、デジタル化による世界の変化が見込まれる中、特に「AI」にスポットを当て、品質やらセキュリティやらについて研究者や実践者、ベンダーといった異なる立ち位置から各々の考える課題と期待する解決方法とについての意見を聞き、議論をするための場をご提供したいと思います。

■ 日 時: 2019年2月1日(金)13:30〜17:30(13:10開場)
■ 場 所: ソニーシティ大崎  » アクセス
東京都品川区大崎2-10-1(JR大崎駅南改札口、新西口より徒歩2分)
■ 主 催: NPO 日本ネットワークセキュリティ協会(JNSA)IoTセキュリティWG
■ 定 員: 160名
■ 参加申込み: 本ページ下「申込みフォームへ」ボタンよりお申込み下さい。
■ 料 金: 参加費無料
■ プログラム
【オープニングセッション】13:30 - 13:50(20分)
IoTセキュリティそもそも論「IoTのセキュリティってなんのセキュリティ? 」
NPO日本ネットワークセキュリティ協会 IoTセキュリティWGリーダー 松岡 正人 氏

<概要>
IoTはなんのことで、セキュリティって本当に重要なのかどうか整理してみようというのが本WGの目標でした。2014年の設立以来、あまりにも広範なテーマで調査研究活動をしてきて気づいたことなどをお伝えします。
【セッション@】13:50 - 14:40(50分)
「AIにおける品質とは?」
国立情報学研究所 准教授 石川 冬樹 氏

<概要>
機械学習を用いたシステムにおいては、開発者がその動作規則をプログラムコードとして書き出すのではなく、訓練データからシステムの動作規則が導かれることになる。このため、「システムが何をできて何をできないか」は作ってみるまでわからない、作ってみた後もある程度しかわからない、といった性質があります。本講演においては、機械学習を用いたシステムの品質・セキュリティに対する課題や動向、対応アプローチについて論じます。
休憩(14:40 - 14:50)
【セッションA】14:50 - 15:40(50分)
「セキュリティにおけるAI活用」
日本アイ・ビー・エム株式会社 東京基礎研究所 セキュリティ&サービス 部長 佐藤 史子 氏

<概要>
実社会でのAI活用が広まりつつある中、セキュリティにおいてもセキュリティ管理の簡略化やインシデント検出の効率化等、具体的なAI活用例が考えられてきています。
セキュリティ対策を目的として利用できるデータは膨大に存在しますが、一方で、機械学習をはじめとするAI技術の適用には様々な検討や工夫が必要です。セキュリティとAIにおける最近の研究や事例とともに、セキュリティのためにAIをどのように活用できるか、セキュアなAIシステムはどうあるべきかをお話しいたします。
【セッションB】15:40 - 16:30(50分)
「Society 5.0時代のセキュリティインフラのよもやま話」
日本マイクロソフト株式会社 技術統括室 Chief Security Officer 河野 省二 氏

<概要>
政府や経団連が唱えるSociety 5.0をご存知でしょうか。AIやIoTを活用した次世代の産業のことです。
これらを踏まえて、セキュリティはどのような方向に行くのか、そして今からできることは何があるのか、ネットワークセキュリティからエンドポイントセキュリティに変わった時代も終わり、次は何かが起こるのかについて簡単にお話をさせていただきます。
休憩 (16:30 - 16:40)
【まとめセッション】16:40 - 17:30(50分)
「Society5.0で実現する社会におけるIoTとAI、そしてセキュリティはどうなるか?」
モデレータ:
NPO日本ネットワークセキュリティ協会(JNSA) IoTセキュリティWG 武田 一城 氏
パネリスト:
・国立情報学研究所 准教授 石川 冬樹 氏
・日本アイ・ビー・エム株式会社 東京基礎研究所 セキュリティ&サービス 部長 佐藤 史子 氏
・日本マイクロソフト株式会社 技術統括室 Chief Security Officer 河野 省二 氏
・NPO日本ネットワークセキュリティ協会 IoTセキュリティWGリーダー 松岡 正人 氏
<概要>
まとめセッションとして、本セミナーで講演頂いた講師陣によるパネルディスカッションを実施します。本セミナーの全体タイトルである「Society5.0で実現する社会におけるIoTとAI、そしてセキュリティはどうなるか?」の内容についての未来予測やその際に具体的にどのような懸念があるか等をディスカッションします。