HOME >  イベント・セミナー情報 > JNSA賞

2018年度 JNSA表彰のご報告
2018年度


2018年12月21日
特定非営利活動法人 日本ネットワークセキュリティ協会


JNSAでは、情報セキュリティ向上のための活動を積極的に行い広く社会に貢献した、 あるいはJNSAの知名度向上や活動の活性化等に寄与した個人、団体、JNSAワーキンググループ を対象に「JNSA賞」と称する表彰を贈る制度を、2006年度に発足いたしました。

この賞は、情報セキュリティの向上に寄与された方々を広く紹介し、その活動を称え、 更に積極的な活動をしていただけるよう、設置したものです。この賞が、広く社会に情 報セキュリティが根付く発端となり、より良い社会を実現できる一助になればと考えています。

受賞者決定まで

2018年10月に、過去にJNSAの知名度向上、活動の活性化、また広く社会の情報セキュリティの 向上に貢献した個人、団体、JNSAワーキンググループの推薦(自薦、他薦は問わず)を募集し、12月に最終選考会を開催し、受賞者を決定しました。

表彰式

2019年1月22日(火)にベルサール神保町で開催いたしますJNSA新年賀詞交歓会の場にて、JNSA賞受賞者の表彰式を行います。

2018年度 受賞者

ワーキンググループ(WG)の部(2件)

◇複数の成果物を発表して社会貢献を行うと共に、セミナーなどを通じてJNSAの活動へ貢献

・日本セキュリティオペレーション事業者協議会(ISOG-J)(代表:日本電気株式会社 武智 洋 氏)

「セキュリティ動静マップ」、「セキュリティ対応組織の教科書」の改訂およびハッドブック作成、「Webアプリケーション脆弱性診断ガイドライン」の改訂、など複数のWG活動を積極的に行い、成果物を発表した。
また、ISOG-Jとして、行政や外部のセキュリティ組織と連携を行うと共に、JNSA全国セミナーなどを通じて啓発活動を行い、社会の情報セキュリティの向上に貢献してきた。
これらの活発な活動によりJNSAへの新規会員の加入にも大きく貢献している。

◇経営やビジネスの観点からCISOの役割や業務内容を明確化するとともに、JNSA知名度向上に貢献

・CISO支援WG(WGリーダー:株式会社Preferred Networks 高橋 正和 氏)

経営やビジネスの観点からCISOの役割や業務内容などを整理し未だ役割がはっきりしないCISOの業務について一つの見解を示す「CISOハンドブック」を公開し反響を呼んだ。
また本ガイドブックの露出や取材を通じて、JNSAの知名度向上に大きく貢献している。

個人の部(1件)

◇長くWGの活動に関わり、今回のサービス改修を実現させて会員向けサービスを拡充した

・秋山 貴彦氏(JNSAソリューションガイド活用WGリーダー|株式会社アズジェント)

JNSAで公開している「ソリューションガイド」サイトを企画・運営するWGのリーダーを2014年から務めた。WGでは2018年にWEBデザインの見直しや仕様の変更など大幅な改修を行う他、経済産業省から発表されている「情報セキュリティサービス基準」に沿ったカテゴリの見直しや、IPAが公開している各種ガイドラインや「情報セキュリティ10大脅威」に沿った製品やサービスのカテゴリ化を行うなど、WGのリーダーとして活動を牽引した。利用者への情報提供やJNSA会員が展開するソリューションの認知度向上に寄与するなど、JNSAと広くセキュリティ業界の発展に貢献した。

特別賞(1件)

◇日本人として初めてBlack Hat USAでトレーニングを提供し、技術者に夢と希望を与えた

・Black Hat USA 2018 トレーニング講師陣
 (株式会社インターネットイニシアティブ 鈴木博志氏、梨和久雄氏、六田佳祐氏)

世界最高レベルを誇る Black Hat USA にて、日本人として初めてトレーニング講師を務めた功績は顕著である。
同講師陣は、これまでにも、CSIRTの世界的コミュニティであるFIRSTでの技術トレーニング講師など、世界に向けた日本発の活動を積み重ねており、世界のセキュリティ産業における日本の地位向上に貢献し続けてきた。その先駆的な実績は、日本のセキュリティ業界の技術者に大いなる夢と希望を与えた。