HOME >  部会・WGについて  > アイデンティティ管理WG

アイデンティティ管理WG

活動メンバー(2017年7月31日現在)

JNSAアイデンティティ管理WGメンバー
■ リーダー
宮川 晃一(日本電気株式会社)»
■ メンバー(会社名順)
貞弘 崇行(株式会社アイピーキューブ)»
八束 啓文(EMCジャパン株式会社)
齊藤 亘(EMCジャパン株式会社)
篠原 信之(イオンアイビス株式会社)
富士榮 尚寛
(伊藤忠テクノソリューションズ株式会社)»

新嘉喜 康治
(伊藤忠テクノソリューションズ株式会社)»

稲吉 英宗
(伊藤忠テクノソリューションズ株式会社)
木村 慎吾(株式会社インテック)»
深澤 聡(SCSK株式会社)
金子 敬祐(SCSK株式会社)
川嶋 亮平(SCSK株式会社)
矢萩 雅広(SCSK株式会社)
工藤 達雄(NRIセキュアテクノロジーズ株式会社)»
石井 晋也(NRIセキュアテクノロジーズ株式会社)
内田 健一(NECソリューションイノベータ株式会社)
長谷川 昌彦(NECソリューションイノベータ株式会社)
山田 達司(株式会社エヌ・ティ・ティ・データ)»
星野 亮(株式会社エヌ・ティ・ティ・データ)»
杉村 耕司
(エヌ・ティ・ティ・データ先端技術株式会社)
久米田 博(NTTテクノクロス株式会社)
荒井 正和(エヌ・ティ・ティレゾナント株式会社)
齊藤 光司(KPMGコンサルティング株式会社)»
深谷 貴宣(KPMGコンサルティング株式会社)»
笠松 隆幸(株式会社シグマクシス)
伊藤 栄二(株式会社ディアイティ)
大森 潤(有限責任監査法人トーマツ)
櫻田 仁詩(有限責任監査法人トーマツ)
中垣 光生(有限責任監査法人トーマツ)
栃沢 直樹(トレンドマイクロ株式会社)»
板倉 景子(日本アイ・ビー・エム株式会社)
竹内 和弘(日本アイ・ビー・エム株式会社)
酒井 美香
(日本アイ・ビー・エム システムズ・エンジニアリング株式会社)
市川 貴浩
(日本アイ・ビー・エム システムズ・エンジニアリング株式会社)
飯塚 昭(日本オラクル株式会社)
木村 優一(日本セーフネット株式会社)
吉嶋 正和(株式会社日本総合研究所)
桑田 雅彦(日本電気株式会社)
駒沢 健(日本電信電話株式会社)»
見上 昌成(日本ビジネスシステムズ株式会社)
安納 順一(日本マイクロソフト株式会社)
小野寺 匠(日本マイクロソフト株式会社)
村田 裕昭(日本マイクロソフト株式会社)
扇 健一(株式会社日立ソリューションズ)
新井 雅(富士通株式会社)
今堀 秀史 (富士通関西中部ネットテック株式会社)»
福原 幸一 (富士通関西中部ネットテック株式会社)
恵美 玲央奈
(株式会社富士通ソーシアルサイエンスラボラトリ)
大村 夏都哉
(株式会社富士通ソーシアルサイエンスラボラトリ)
大久保 雄介(ユニアデックス株式会社)
大竹 章裕(株式会社ラック)
中島 浩光
(サブスクライバ:株式会社マインド・トゥー・アクション)»

■ 顧問
後藤 厚宏 先生(情報セキュリティ大学院大学 学長・教授)

メンバー紹介

宮川 晃一(日本電気株式会社)
NECの金融システム開発本部金融デジタルイノベーション技術開発室にて、金融業界におけるサイバーセキュリティ分野の最先端技術の調査、ソリューション企画、エバンジェリスト活動等を行っており、各種講演や執筆活動を通してアイデンティティ管理に関する、普及・啓蒙活動を行っている。
アイデンティティ管理WGではWGリーダーとして、WG全体の取りまとめを行っている。
<WGでの主な活動>
・WGリーダーとして、WGの開催、セミナー企画、出版企画、各種成果物取りまとめ等
・『クラウド環境におけるアイデンティティ管理ガイドライン』(第1版 2011年、改定新版 2013年)主要執筆者
・JNSA賞 2009年度WGの部受賞、2013年度 個人の部受賞
貞弘 崇行(株式会社アイピーキューブ)
SIerとして主にMicrosoft系プラットフォーム及びアプリケーションのアカウント管理システム、オンプレミス及びクラウドへのIDフェデレーションシステムの要件定義、設計、導入を担当。
<WGでの主な活動>
・『エンタープライズロール管理解説書』(第1版 2013年、第2版 2014年)主要執筆者
富士榮 尚寛(伊藤忠テクノソリューションズ株式会社)
SIerとしてお客様のアイデンティティ管理システムを導入するかたわら、デジタル・アイデンティティに関する講演や執筆、各種団体での活動を通してアイデンティティ管理技術の普及に従事。
<WGでの主な活動>
・「クラウド環境におけるアイデンティティ管理」テーマリーダー(2010年〜)
・『クラウド環境におけるアイデンティティ管理ガイドライン』(第1版 2011年、改定新版 2013年)主要執筆者
新嘉喜 康治(伊藤忠テクノソリューションズ株式会社)
マルチベンダーSIerのフロントSEとして、大手製造業ほか複数のお客様でアイデンティティ管理システムの導入に関与。
<WGでの主な活動>
・2013年より当WGのメンバーとして活動
木村 慎吾(株式会社インテック)
ID管理システムの構築を経験後、そのノウハウを活かし国産ID管理パッケージ製品「結人・束人」の開発に従事。
<WGでの主な活動>
・『エンタープライズロール管理解説書』(第2版 2014年)主要執筆者
工藤 達雄(NRIセキュアテクノロジーズ株式会社)
サン・マイクロシステムズにて10年間、アイデンティティ管理を中心とするミドルウェア分野のプリセールス、システム構築、テクニカル・マーケティングを歴任後、2008年に野村総合研究所入社。
Webアイデンティティ技術を活用したITサービスの企画・開発に従事。情報処理推進機構情報セキュリティ技術動向調査タスク・グループ委員、同「アイデンティティ管理技術解説制作委員会」委員、情報処理学会規格調査会SC 27/WG 5小委員会委員、ISO/TC247国内審議委員会委員、OpenIDファウンデーション・ジャパン事務局長など兼任の後、2014年よりNRIセキュアテクノロジーズにて、APIとデジタル・アイデンティティのコンサルティングに携わっている。
<WGでの主な活動>
・OpenIDファウンデーション・ジャパンの「エンタープライズ・アイデンティティWG」のメンバーとして、JNSA IdM-WGと共同作成した『OpenID ConnectとSCIMのエンタープライズ利用ガイドライン』(2013年)の執筆に参画
・2015年より当WGのメンバーとして活動
山田 達司(株式会社エヌ・ティ・ティ・データ)
1998年よりNTTデータ及びNTTデータグループの認証基盤の構築及び運用に携わり、200以上あるサイトのシングルサインオン化と数千の幽霊IDの一掃を行う。その後社内認証基盤を基に統合ID管理ソリューションVANADISを立ち上げ、ソリューションの企画、営業、開発に従事。2011年から2013年にはカンターラ・イニシアティブJapanWGのChairを務める。カンターラ・イニシアティブのセミナーにおける講演「統合ID管理入門」(http://kantarainitiative.org/confluence/download/attachments/43876623/05_nttdata_yamada.pdf)は今も多くのアクセスを集める。
星野 亮(株式会社エヌ・ティ・ティ・データ)
NTTデータにて自社開発の認証基盤ソリューションの開発および複数のお客様への導入に従事。その他、モバイルセキュリティ製品の開発・社内導入等、様々なセキュリティ関連のシステム開発を担当してきた。
現在はサイバーセキュリティに関するコンサルティング担当として、ID統合の基本構想支援等、様々なセキュリティコンサルティング案件に携わっている。
齊藤 光司(KPMGコンサルティング株式会社)
前職ではSIerに属しており、10年間アイデンティティ管理システムの導入に携わる。 現職では過去の実績を活かし、サイバーセキュリティ態勢評価等のサイバーセキュリティに係るコンサルティングを担当。
<WGでの主な活動>
・「エンタープライズロール管理」テーマメンバー
深谷 貴宣(KPMGコンサルティング株式会社)
情報セキュリティ管理態勢構築支援、ネットワーク情報管理支援、ネットワーク・イベントログ管理システム構築支援等、情報セキュリティ管理に関する様々なコンサルティングに従事。その中で組織におけるアイデンティティ管理、主体認証に係るセキュリティ対策実施状況評価等を実施。
栃沢 直樹(トレンドマイクロ株式会社)
ネットワークインテグレータでの運用設計、プリセールスエンジニア、プロダクトマーケティングの経験を経て、トレンドマイクロへ入社。
トレンドマイクロではプリセールスエンジニアとして主にパートナー支援を行い、プロダクト・サービスを含めたセキュリティ全般の提案を実施。
<WGでの主な活動>
・『クラウド環境におけるアイデンティティ管理ガイドライン』(改定新版 2013年)一部執筆
・「特権ID管理」テーマにて活動
駒沢 健(日本電信電話株式会社)
SIerとしてIT戦略の立案から推進を行う傍ら、セキュリティマネジメントの啓蒙活動を行っている。
当WGでは、技術だけでは整理しきれないID管理の難しさの整理と解決に向けて、メンバと熱く議論を交わしております。
<WGでの主な活動>
・『クラウド環境におけるアイデンティティ管理ガイドライン』(第1版 2011年、改定新版 2013年)主要執筆者
今堀 秀史(富士通関西中部ネットテック株式会社)
2006年よりID管理ビジネスに取り組み上流及び実装フェーズの対応を実施しながらID管理製品(PMaidIDMaster)の開発を企画推進。
当WGでは、SIerと製品の両方の目線でID管理の普及に励んでいます。
<WGでの主な活動>
・『クラウド環境におけるアイデンティティ管理ガイドライン』(第1版 2011年、改定新版 2013年)主要執筆者
・『エンタープライズロール管理解説書』(第2版 2014年)主要執筆者
中島 浩光(サブスクライバ:株式会社マインド・トゥー・アクション)
アクセンチュアにて12年間ITコンサルタントとして活動後、日本CAにてセキュリティ製品のプリセールスチームのリードとして活動。その後、インフォセックにてセキュリティコンサルタントとして多数の案件に関わり、独立。
現在、株式会社マインド・トゥー・アクション代表取締役。セキュリティリスク分析、セキュリティ要件定義、システムセキュリティ設計、セキュリティレビュー、セキュリティ改善等の各種のセキュリティコンサルティングを実施している。
また、「セキュアシステム設計」としてシステムのセキュリティリスク分析、セキュリティ要件定義、セキュリティ設計の教育・研修コースの開発、開催をしている。
<WGでの主な活動>
・WG発足時からメンバーとして活動
・「エンタープライズロール管理」テーマリーダー
・『クラウド環境におけるアイデンティティ管理ガイドライン』(第1版 2011年、改定新版 2013年)主要執筆者
・『エンタープライズロール管理解説書』(第1版 2013年、第2版 2014年)主要執筆者