NSF2003 22日論文審査・表彰式
award result
Network Security Forum 2003論文発表会
Call for paper: NSF2003
 特定非営利活動法人 日本ネットワークセキュリティ協会(JNSA)と日本セキュリティ・マネジメント学会との共催でNetwork Security Forum 2003 (NSF2003)のイベントの1つとして、論文募集を行いました。

 ネットワークセキュリティは、技術、管理・運用、法制度、モラル等を含めて対応する必要があります。このような時期に、ネットワークセキュリティに関する研究を深め、いろいろな立場からの議論を行い、共通認識を形成していくことが重要であると考えています。

 これを実現する「場」のひとつとして、NSF2003(Network Security Forum 2003)で、ネットワークセキュリティに関する論文を募集し、研究者だけでなく、教育者、製品開発者、運用管理者、コンサルタントや学生の方々の論文を募集しました。


プログラム
13:00〜13:40 (1)プロセス実行履歴に基づくアクセスポリシー自動生成システム
  原田季栄/株式会社NTTデータ
13:40〜14:20 (2)日米欧の暗号技術標準化・評価プロジェクトを終えて
  神田雅透/NTT情報流通プラットホーム研究所
14:20〜15:00 (3)大規模ネットワークセキュリティの確保に向けた研究開発
  福田尚弘/松下電工株式会社
15:00〜15:10  休憩(10分間)
15:10〜15:50 (4)DRM機能を持つ決済システムについて
  天野光司/工学院大学(修士2年)
15:50〜16:30 (5)情報セキュリティ・マネジメントの制度設計
  田中秀幸/東京大学社会情報研究所
16:30〜17:00  最終選考(30分間休憩)
17:00〜17:30  授賞式

審査基準 客観性を持ったテーマで、かつ下記のようなセキュリティ啓発に資する内容を持ったもの。
  • 斬新なアイディアをまとめたもの
  • 技術的な標準化などに関する試案や提言
  • 社会基盤に関する施策などに関する提言
  • 技術者・ユーザ教育の普及啓発に関する実践や試行
  • 技術と法律や運用などに関する相互関連
  • その他、情報セキュリティに関するチャレンジ性

審査委員
  • 辻井重男先生  (中央大学:JSSM会長)
  • 石田晴久先生  (多摩美術大学:JNSA会長)
  • 内田勝也先生  (中央大学)
  • 佐々木良一先生 (東京電機大学)
  • 塚本克治先生  (工学院大学)

優秀論文 賞金: 優秀論文には賞状と副賞賞金を授与します。

最優秀賞   30万円 ×1本
優秀賞    10万円 ×1本
学生奨励賞  5万円 ×1本

スポンサー賞:(予定・順不同)

  • サン・マイクロシステムズ株式会社
  • マイクロソフト株式会社
  • シスコシステムズ株式会社
  • 株式会社シマンテック
  • トレンドマイクロ株式会社
  • 日本ネットワークアソシエイツ株式会社
  • 株式会社ディアイティ
  • 株式会社大塚商会

優秀論文の取り扱い 応募論文の著作権は論文執筆者に帰属しますが、優秀論文は、JNSA、JSSMのWebや機関紙などに掲載するとともに、セミナーやシンポジウムなどで講師としてお話いただくようお願いすることがあります。ご協力いただければ幸いです。

共催 特定非営利活動法人 日本ネットワークセキュリティ協会 (JNSA)
http://www.jnsa.org/
日本セキュリティ・マネジメント学会 (JSSM)
http://www.jssm.net/