HOME >  イベント・セミナー情報 > JNSA主催セミナー > PKI Day 2017「IoT・ブロックチェーン時代のPKI」

JNSA PKI相互運用技術WG・電子署名WG主催セミナー
PKI Day 2017「IoT・ブロックチェーン時代のPKI」

■ 日 時: 2017年4月19日(水)10時00分〜17時40分(受付開始9時30分)
■ 場 所: ヒューリックカンファレンス秋葉原 ROOM 1  map ※外部にリンクします。
(〒111-0053 :東京都台東区浅草橋1丁目22-16 ヒューリック浅草橋ビル3F)

JR浅草橋駅[西口]より徒歩1分
都営浅草線 浅草橋[A3出口]より徒歩2分

■ 主 催: NPO日本ネットワークセキュリティ協会 PKI相互運用技術WG
NPO日本ネットワークセキュリティ協会 電子署名WG
■ 定 員: 132名
■ 料 金: 無料
■ 参 加: 参加申込の受付は終了しました
■ 講演資料 当日は講演資料の配布はいたしません。PDFをご自身でダウンロードいただき、当日お持ち下さい。
講演資料は、開催1週間前を目処に公開致します。
■ 開催趣旨  
「IoT・ブロックチェーン時代のPKI」

今回のPKI day 2017では、現在、世の中で注目されているIoT・ブロックチェーンの技術とPKIの関係をテーマに取り上げます。

IoTに関して、500億個以上にもなると言われているIoTデバイスは、単純に繋がることで価値を生むわけではありません。何らかのIoTデバイス間等のTRUST(信頼関係)が、IoTに価値を与えることになります。その際、多様な信頼関係を形成するためには、公開鍵暗号、更には標準化された公開鍵暗号技術であるPKIが大きな役割を果たすべきだと考えられます。その一方、リソースやコスト制約のあるIoTデバイスにおいて、PKIはどのように実装させるか等に大きな課題があります。

ブロックチェーンに関して、非中央集権システムを実現する技術として注目されています。同じ暗号技術であるPKIは、ブロックチェーンにとって代わられるものなのか、共存して行くものなのか。棲み分けられるものなのか。

PKIやブロックチェーンのような社会基盤としての暗号技術は、今後のデジタル社会において非常に重要になることは間違いないのですが、その理解は、暗号技術と複雑な社会の双方の理解が必要になります。 PKI day 2017では、以上を踏まえ「IoT・ブロックチェーン時代のPKI」をテーマに、今後の社会におけるPKIの在り方を議論します。


<<午前の部 プログラム>> ※タイトルは今後変更する可能性があります。ご了承ください。
【ご挨拶】10:00 - 10:20
「PKI Day 2017のオーバービュー」
セコム株式会社 IS研究所/PKI相互運用技術WGリーダー 松本 泰 氏

【基調講演】10:20 - 11:10
「どこでも公開鍵暗号」
横浜国立大学 教授 松本 勉 氏

【講演】11:10 - 11:50
「自律するIoTのためのセキュリティ技術の取り組み」
ルネサスエレクトロニクス株式会社 シニアスペシャリスト 高比良 賢一 氏

【講演】11:50 - 12:30
「IETFにおけるIoT/暗号技術に関する標準化動向」
株式会社レピダム 取締役 菅野 哲 氏

休憩(12:30 - 13:30)
<<午後の部 プログラム>>
【講演】13:30 - 14:10
「OpenSCによるJPKIカードドライバ」
オープンソース・ソリューション・テクノロジ株式会社 エキスパート 濱野 司 氏

【講演】14:10 - 14:50
「FIDO認証と公開鍵暗号」 
ヤフー株式会社 Yahoo! JAPAN 研究所 上席研究員 五味 秀仁 氏

休憩(14:50 - 15:10)
【講演】15:10 - 15:40
「ブロックチェーンとは何なのか?」
セコム株式会社 IS研究所/電子署名WGサブリーダー 佐藤 雅史 氏

【パネルディスカッション】15:40 - 17:40
「PKIとブロックチェーンの微妙な関係」 
モデレータ:
セコム株式会社 IS研究所/PKI相互運用技術WGリーダー 松本 泰 氏
パネリスト:

三菱電機株式会社 生産システム本部/電子署名WGリーダー 宮崎 一哉 氏
経済産業省 CIO補佐官 満塩 尚史 氏
五番町法律事務所 弁護士 宮内 宏 氏
MITメディアラボ、東京大学生産技術研究所 松尾 真一郎 氏
株式会社レピダム 代表取締役 林 達也 氏
セコム株式会社 IS研究所 佐藤 雅史 氏

(※)予告無く講演内容が変更される場合がございます。予めご了承下さい