HOME >  イベント・セミナー情報 > JNSA主催セミナー > IoTセキュリティセミナー〜IoTの未来とセキュリティの課題〜

IoTセキュリティセミナー
〜IoT機器を守るために何を学ばなければならないか?〜

インターネットという存在が社会インフラと一部になり、すべてのモノがそのインターネットへ繋がる「IoT(Internet Of Things)」も急速に普及しています。IoTはインターネットに繋がるモノ自体が、すべてコンピュータになると言い換えることができ、それによって世の中はさらに便利になっていくことでしょう。
しかし、IoTによってサイバー攻撃などはより皆さんの身近になったとも言え、その脅威はこれまで以上に深刻になる可能性があります。そのような事態にならないために、IoTにもセキュリティ対策を実施することが重要となります。
本セミナーでは、ガイドラインなどの作成や具体的な対策に携わった方々講師に招き、皆さんが「IoT機器を守るために何を学ばなければならないか?」を理解するための一助となればと考えています。


■ 日 時: 2018年2月26日(月)13:30〜17:00(13:10開場)
■ 場 所: 浅草橋ヒューリックカンファレンス Room1  » アクセス
(東京都台東区浅草橋1-22-16 ヒューリック浅草橋ビル 3F)
■ 主 催: NPO 日本ネットワークセキュリティ協会(JNSA)IoTセキュリティWG
■ 協 力: JPCERTコーディネーションセンター(JPCERT/CC)
一般社団法人 重要生活機器連携セキュリティ協議会(CCDS)
■ 定 員: 150名
■ 参加費: 無料・事前登録制
■ 参加申込み: 受付終了しました
■ プログラム
【セッション1】13:30-14:20(50分)
IoTがサイバー攻撃のターゲットにされる理由
武田 一城 氏(IoTセキュリティWG/株式会社ラック)

PDF
(7.71MB)
<概要>
インターネットの普及によって世の中は大きく変わりました。また、IoTの普及によってさらにこの状況が拡大するといわれています。しかしIoT機器は狙われ易く、皆さんの生活を危険に晒す可能性があります。
本セッションでは、IoTがサイバー攻撃に狙われるその理由とその対策のために必要な知識などを解説します。
【セッション2】14:20-15:10(50分)
ガイドラインラッシュから国際標準の動向
伊藤 公祐 氏(一般社団法人 重要生活機器連携セキュリティ協議会(CCDS))

<概要>
2016年はIoTセキュリティに関するガイドラインラッシュの年でした。
2017年は、多方面から出されたガイドラインの国際協調などを目指した国際標準化の動きが始まりました。一方で、IoT機器のセキュリティに関する調達基準やエコマークのようなセキュリティレベルの表示に関する検討も欧米で始まりました。日本でも総務省よりIoTセキュリティ総合対策の中でIoTセキュリティの認証マークに関する提言が盛り込まれ、IoT推進コンソーシアムIoTセキュリティWGで議論が開始されました。これまでの流れを振り返りながら、IoTセキュリティに関する認証マークについて議論します。
休憩(15:10 - 15:20)
【セッション3】15:20-16:10(50分)
IoTセキュリティ評価のためのチェックリストを使った取り組み
輿石 隆 氏(JPCERT コーディネーションセンター(JPCERT/CC))

<概要>
近年、様々な機器がインターネットに接続され、それぞれの機器の持つ情報の連携が容易になることにより、その情報を活用した多くサービスが登場しています。IoT の普及に伴い、セキュリティが十分に考慮されていない IoT 製品によるサイバー攻撃の事例も多く確認されるようになってきました。 本セッションでは、IoT 製品を狙ったサイバー攻撃について解説しつつ、今年春に JPCERT/CC で公開予定の IoT セキュリティチェックリストの詳細や活用例について紹介し ます。
※チェックリスト(JPCERT/CC)は2018年春公開予定!
【セッション4】16:10-17:00(50分)
IoTセキュリティ時代のCSIRT
原子 拓 氏(日本CSIRT協議会(NCA)/株式会社ラック)

<概要>
いろいろな物がインターネットに繋がるIoT化が進むのに伴い、付加価値が生まれ便利になる一方、IoT機器に脆弱性があれば誤作動を起こしたりサイバー攻撃に利用されたりする可能性があります。
本セッションでは、IoT時代の企業内CSIRT(P-SIRT:Product Security Incident Response Team)のあり方について、現状のCSIRTの実態を明らかにしつつ、あるべき姿と実現に向けた課題について解説します。

 

(※)予告無く講演内容が変更される場合がございます。予めご了承下さい