HOME > JNSA教育部会 ゲーム教育プロジェクト

JNSA教育部会 ゲーム教育プロジェクト

ゲーム教育プロジェクト 概要

このプロジェクトは、JNSA教育部会とU40部会の共同プロジェクトとして2016年に誕生しました。

ゲームを活用した情報セキュリティの普及啓発、実践的セキュリティ教育の調査・研究、企画等の活動をしています。

ゲームによる情報セキュリティ教育の波及

2つの層に対し「ゲーム」の力を活用し、情報セキュリティ教育を波及させることが本プロジェクト活動の狙いです。

  1. ITの知識をほとんど持っていないリテラシー的な層
  2. 基礎知識の習得を終えている中核的専門人材層

情報セキュリティ教育とは、「普及啓発」と実践的な情報セキュリティに関する「知識」・「技術」の提供から構成されています。

ゲーム教育による効果の実証実験

ゲーム教育による効果を検証するため、高等教育機関(大学、高等専門学校など)での実証実験を実施しています。

また、ゲーム教育を牽引できるファシリテーターの育成、ゲームを活用した振り返り教育の普及・促進を図るため、イベントの企画・実施などを計画しています。

当プロジェクトで企画・制作したゲーム

「セキュリティ専門家 人狼ゲーム」

セキュリティ専門家 人狼ゲーム

その夜、内部「汚職者」は営業秘密の不正取得を行った。組織の処遇に不満を抱えていた汚職者は「ブラックハットハッカー」の協力を得て、犯行に及んだ。
汚職者は自らの自尊心を傷つけた者達へ罪をなすりつけるべく、毎晩、犯行に及んでゆく。
ひとり、またりひとりと罪なき従業員が解雇されていく…
いったい誰が汚職者なのか?
詳しくは、こちら

「Malware Containtment」

Malware Containtment

自組織の端末が遠隔操作マルウエアに感染していた!?
プレイヤーは、セキュリティ専門家チームの一員としてこの事態に立ち向かう。
それぞれの専門家が持つ能力を駆使して、感染した端末を探し出して封じ込めろ!
現在リリースに向けて準備中