★☆★JNSAメールマガジン 第35号 2014.5.16.☆★☆

こんにちは
JNSAメールマガジン 第35号 をお届けします。

5月の連休はみなさんいかがお過ごしでしたでしょうか? 山や海では悲しい事故が相次いだようです。登山家田部井淳子さんは著書『それでもわたしは山に登る』の中で、「頂上に立つことより行った人数と帰りの人数が同じであることのほうがずっと大事だと思った」と書かれています。引き返すことも時にはとても大切なことですね。

さて、今回のコラムはリコージャパン株式会社 コンサルティング推進室エグゼクティブ コンサルタント 広口正之様からの寄稿「シンギュラリティは、本当に到来するのか」の続編です。
前号のコラムはJNSAサイトにも掲載していますので、まだお読みになっていない方はこちら↓をご覧ください。
http://www.jnsa.org/aboutus/ml.html#passed


【連載リレーコラム】
「シンギュラリティで激変する世界と、今やるべきこと」
(リコージャパン株式会社 コンサルティング推進室 エグゼクティブ コンサルタント 広口 正之)

前回は、コンピュータが本当に「考える」ようになる「シンギュラリティ」についてご紹介しました。今回は、シンギュラリティが到来するとしたら、私たちはどうしたらよいのか、についてご紹介します。
■激変する世界

シンギュラリティのもたらす変革は、産業革命をはるかに超えるものになるでしょう。知性をもったコンピュータが出現したら、人間が考える必要がなくなり、肉体労働のみでなく、頭脳労働すら不要になるかもしれません。

知性をもつコンピュータが、人類の後継となり、新たな進化を遂げてゆくことになるでしょう。そのとき、人類は、地球上で最も優れた知性という地位を明け渡すことになります。

■意外に明るい未来かも

しかし、技術の発展によって、私たちが思っているよりも明るい未来が待っているかもしれません。

石油資源を争わなくても、人工光合成や太陽電池でエネルギーを生成できるるようになっているかもしれません。自動診断による的確で低コストの医療が利用可能かもしれません。遺伝子組換技術や、垂直農業によって、食糧確保の心配はなくなっているかもしれません。

世界の人々が、貧困に苦しむことなく、働かなくても不自由のない暮らしを送れるようになるかもしれないのです。

■シンギュラリティに貢献する

シンギュラリティは、人類にとって最大にして最後の大革命です。万一、シンギュラリティ革命で他国の後塵を拝したら、二度と復活する機会は巡ってこないでしょう。

だからこそ、米国や欧州は巨額の予算を投じ、グーグルやアマゾンなどのIT企業が巨額の投資を行っているのです。

日本、あるいは、日本企業としても、可能な限り、シンギュラリティの実現に貢献すべきだと思われます。まずは、シンギュラリティについて情報を収集し、貢献できる領域を見つけ、予算や機材、研究者を確保して、研究開発を行うべきでしょう。

■シンギュラリティの恩恵を受ける

シンギュラリティに貢献できないとしても、シンギュラリティの恩恵を受けることは可能です。

脳を模倣することによって、脳を深く理解することができ、病気を治療したり、障碍を克服したりできるでしょう。脳とコンピュータを接続することによって、知識を拡充したり、記憶力を強化したりできるでしょう。

■人は何のために生きるのか

「人は何のために生きるのか」と、誰でも、一度は自分自身に問いかけたことがあるのではないでしょうか。「生きる目的は、生きることそのものだ」というお考えの方もいらっしゃることでしょう。

シンギュラリティが到来すると、この根源的な問いを改めて考える必要が出てきます。生身の人間として存在し続けるべきなのか、それとも、コンピュータ上の知性として生まれ変わるべきなのか。答えは、まだありません。幸いなことに、まだ時間的な余裕はありますので、じっくりとお考えください。



#連載リレーコラム、ここまで
<お断り>本稿の内容は著者の個人的見解であり、所属企業及びその業務と関係するものではありません。



【部会・WG便り】

★6月10日(火)ベルサール神田にて「JNSA2013年度活動報告会」を開催します。プログラムは近々公開予定ですのでお楽しみに!
 http://www.jnsa.org/seminar/

★アイデンティティ管理WGでは今年度のメンバーを募集中です。

★6月2日(月)に行います電子署名WG とPKI相互運用WG主催「Bitcoin 勉強会・技術編」まだ少しお席に余裕があります。
ご興味ある方はぜひお申込み下さい。

★「平成25年度 情報セキュリティ指導者育成セミナー実施報告書」を公開しました。
 http://www.jnsa.org/ikusei/seminar/2013/index.html

【事務局からの連絡、お知らせ】
★JNSA定時総会は6月10日(火)16時よりベルサール神田で開催します。
総会終了後は懇親会(会員参加無料)も行います。会員のみなさまが一同にお会いできる数少ない機会ですので、ぜひ皆様御参加下さい。

★登録情報にご変更がある方がいらっしゃいましたら、事務局までご一報をお願いいたします。

☆コラムに関するご意見、お問い合わせ等はJNSA事務局までお願いします。
jnsa-mail

*************************************
JNSAメールマガジン 第35号 
発信日:2014年5月16日
発行: JNSA事務局 jnsa-mail
*************************************
Copyright (C)  Japan Network Security Association. All rights reserved.