★☆★JNSAメールマガジン 第118号 2017.8.18 ☆★☆

こんにちは
JNSAメールマガジン 第118号 をお届けします。

お盆真っ最中というのに梅雨のようなお天気ですね。事務局は1日だけお休み
としましたが、最近はお盆だからといってお休みにしない会社も増えてきました。特にIT業界やセキュリティ業界は通常営業の会社が多いと思います。その分9月や11月にお休みをとる人が多いようです。でも11月だとさすがに夏休みとは言えないですね。何休みと言うのでしょう?

さて今回は、情報通信研究機構(NICT)ナショナルサイバートレーニングセンター長の園田 道夫氏に「SecHack365始めました!」をご寄稿いただきました。


【連載リレーコラム】
SecHack365始めました!

情報通信研究機構(NICT)
               ナショナルサイバートレーニングセンター
   センター長  園田 道夫

情報通信研究機構(NICT)ナショナルサイバートレーニングセンターの園田です(ちなみに「エヌアイシーティー」と読まないと中の人に怒られます(笑))。これまで人材育成系でいろんなイベントを仕掛けてきましたが、また一つ新しいイベントとしてこの4月からSecHack365という若手技術者の育成事業を始めました。

このSecHack365というのはどんな事業なのかと言いますと、25才以下の若者(学生・社会人)を対象として1年間かけてアイディアソン・ハッカソンを基軸としたさまざまなイベントを2ヶ月に1回程度実施し、斬新なアイディアを発想できるアタマを持った人材になってもらう、というものです。オフラインのイベントは年6回、日本各地で各地のハッカーやユニークなビジネスを展開している人たちと協力しながら開催します。

初開催なのでどのくらい応募が来るのか不安はありましたが、幸い8倍を超えるものとなり、最終的には47名の若者を選びました。最年少は10才の小学生、他に中学生が一人居ますが、人数としては大学生、高専生が多いですね。選ぶのはなかなか大変でしたが、年齢や学校などの情報は一切見ず、熱意と発想力というところに注目して選びました。

6月には最初のイベントとして蒲田にある富士通さんのPLYという施設で、まさに遊ぶようにアイディアソンを実施しました。アイディアは遊び心が無ければ出てきませんしね。蒲田回では「くぼたつ式思考カード54」というユニークな本の著者であり、東急ハンズやサンリオなどで企画マンとして活躍されてきた久保田達也さんに発想法トレーニングを実施してもらったり、富士通さんの中で練り込まれた発想メソッドを実施したりしました。その回ではもともと考えていたアイディアを変えた人も居ましたが、変えずにぶれない人ももちろん居て、そういう人たちの発想が今後具体的になっていくうちにどう変わっていくかが今から楽しみです。

次回のイベントは8月に福岡で実施しますが、セキュリティ+ハッカソン的縁日と題して8トラックくらいの「やってみよう!」「作ってみよう!」という時間を設けたり、(天気が良ければ)屋外でイベントを開催したり、工夫を凝らしたイベントを開催します。その後も各回いろんな趣向のイベントでアタマを刺激しようと考えています。

イベントの合間も遊んでいるわけではありません。NICTが31万IPアドレスというNICTER観測網で捕捉した攻撃データや検体のデータセットを、NICTが持つ大規模計算機環境StarBED、つまり閉じた環境に置き、遠隔から安全かつ自由に分析・開発できる環境を用意、1年間そこにアクセスしていろいろ試すことができます。イベントに先立ち説明会を開催しましたが、そこで参加者に聞いてみたところ、このデータセットに魅力を感じた、という人が大多数を占めていました。やはりというか、セキュリティの研究では良質なデータセットにリーチするというのが難関になっているということが実感されます。

イベントによる刺激を受けた参加者がそうした環境を活用して何を生み出すか。誰も見たことがないプロトタイプなのか誰もやったことがない研究テーマなのか。それを発想し、実装・研究していく人材。海外製品への依存度が高いセキュリティ分野に日本発の製品やソフトウエア、斬新な研究を投げかけることができる人材を発掘育成することを目指しています。つまり、日本のセキュリティに関わる研究開発力を向上させる一助となる、ということがこの事業の目的です。

そして、いずれはSECCONやセキュリティ・キャンプなどとも連携し、若い人たちが存分に活躍できる場をさらに広げていければと思っています。

#連載リレーコラム、ここまで

<お断り>
本稿の内容は著者の個人的見解であり、所属企業及びその業務と関係するものではありません。

【部会・WG便り】

★「JNSA全国横断セキュリティセミナー2017」資料を公開しました。
 (一部資料は非公開となります)
 SIer・セキュリティ事業者向け
 http://www.jnsa.org/seminar/2017/cross01/

 一般企業向け
http://www.jnsa.org/seminar/2017/cross02/

★ゲーム教育WGでは、「セキュリティ専門家人狼」カードゲームの増刷を検討しています。増刷部数把握のため、ご購入を検討されている方はアンケートへのご協力をお願いしております。

「カードゲーム購入希望者アンケート(短縮URL)」
https://goo.gl/forms/LDtCDGoreoLNeWqC2
※googleアンケートフォームを利用しております。

★「人材エコシステム(JTAG)」説明会
8月23日(水) 15:00より、人材エコシステム(JTAG)に関しての説明会をハロー貸会議室虎ノ門3Fにて開催します。参加申込み受付中ですので、参加希望の方は事務局までお申込み下さい。
※非会員の方も御参加いただけますが、正式参加にはJNSAへの入会が必要です。

【事務局からの連絡、お知らせ】

★「IT活用促進資金向けセキュリティ対応製品サービスリスト」を公開しています。
IT活用促進資金のセキュリティ対策要件を満たすと思われるJNSA会員企業が開発・販売・提供しているセキュリティ製品・サービスの一覧です。
IT活用促進資金のご利用を検討の際にご参照ください。
http://www.jnsa.org/it_katsuyou/

☆コラムに関するご意見、お問い合わせ等はJNSA事務局までお願いします。

*************************************
JNSAメールマガジン 第118号
発信日:2017年8月18日
発 行:JNSA事務局 jnsa-mail
*************************************
Copyright (C)  Japan Network Security Association. All rights reserved.