マイナンバー技術的対応製品・サービス検索

自社の業務でマイナンバーを扱う場合に気をつけないといけない以下の3つのカテゴリの製品・サービスについてご紹介します。

【アクセス制御/アクセス者の識別の認証】
マイナンバー情報を管理するシステムに対し、個人情報ファイルのアクセス範囲を定めて、適切なアクセス制御・管理を行う必要があります。ここでは、情報管理システムに対してアクセスする送信元IPアドレスやアカウント情報などを管理するシステムが該当します。適切なアクセス制御を行うためのシステム、また個人情報へのアクセスログの管理などが挙げられます。

【外部からの不正アクセス等の防止】
マイナンバー情報を保管するデータベースなどを、標的型攻撃や外部からの不正アクセスおよび不正ソフトウェアによる情報漏洩から保護します。マイナンバー情報を含むサーバや内部ネットワークの保護、不正アクセスやウイルス対策ソフトなどが該当します。この他にも、不正アクセスのログ分析、セキュリティ対策製品が最新状態になっているか確認を行うことも、外部からの不正アクセス等の防止策となります。

【情報漏えい等の防止】
マイナンバーを管理運営するにあたって通信経路での情報漏えいを防止するための機能を持ったソフトウェアおよびサービスです。暗号化、フィルタリング、ネットワーク監視のほか、人的ミスによる漏えいを防ぐための教育や運用プロセス認定などを含みます。

アクセス制御/アクセス者の識別の認証 このカテゴリを全て選択
アイデンティティ・アクセス管理製品
暗号化製品
外部からの不正アクセス等の防止 このカテゴリを全て選択
ネットワーク脅威対策製品
コンテンツセキュリティ対策製品
システムセキュリティ管理製品
情報セキュリティコンサルテーション
セキュリティ運用・管理サービス
情報漏えい等の防止 このカテゴリを全て選択
統合型アプライアンス
ネットワーク脅威対策製品
コンテンツセキュリティ対策製品
暗号化製品
内部不正防止・抑止サービス
セキュリティ運用・管理サービス
情報セキュリティ教育
Copyright (C) 2011-2017 Japan Network Security Association. All rights reserved.