IPA「中小企業の情報セキュリティ対策ガイドライン」対応 製品・サービス検索

2017年1月にIPA(独立行政法人情報処理推進機構)より『中小企業の情報セキュリティ対策ガイドライン』が公開されました。
https://www.ipa.go.jp/security/keihatsu/sme/guideline/
JNSAでは、このガイドラインを利用しながら情報セキュリティ対策を進めていく中小企業の担当者が、実際に製品・サービスの導入を検討する際に参考となる製品・サービスの検索ページを作成しました。なお、本検索ページは、ガイドラインの「IPA情報セキュリティポリシー」に対応した検索ページとなっております。是非、ご活用頂ければ幸いです。


[検索方法]
情報セキュリティポリシーサンプルの各項目部分にチェックをいれて「検索」ボタンを押すと、
「IPA情報セキュリティポリシー」に従い対策を実施する際の製品・サービス群が表示されます。
IPA「中小企業の情報セキュリティ対策ガイドライン」対応 製品・サービス検索

情報セキュリティの方針作成や、具体的な対策・体制構築・実施するためのリソースの割り当てなどを行うコンサルティングサービスを参照できます。

情報セキュリティを従業員に周知徹底するために必要となる教育や、資格認定などのサービスを参照できます。

秘密情報を含む情報資産を管理するために必要な、識別表示・盗難紛失対策・バックアップ・廃棄などの手順を定め、運用を支援する製品・サービスを参照できます。

特定個人情報の取り扱いに関する組織的、技術的な安全管理措置やインシデント対応を支援する製品・サービスを参照できます。
なお、こちらの特集検索をご覧いただけるとより詳細な検索を行うことができます。
http://www.jnsa.org/JNSASolutionGuide/SpSearchConditionAction.do?category=199

コンピュータやネットワーク、データベースなどの各アクセス権に応じて、ユーザアカウントが不正利用されないように運用を支援する製品・サービスを参照できます。

許可された者以外の業務を行う場所への立ち入り制限や、媒体や機器の盗難・紛失を抑制する製品・サービスを参照できます。

     
IT機器利用やIT基盤運用におけるセキュリティ対策(アクセス制御、ウイルス対策、認証、教育等)を支援する製品・サービスを参照できます。

システム開発や保守を行う場合に役に立つ、セキュリティ要件を拡充するための各種サービスを参照できます。

外部委託の際、取扱い情報の受渡・廃棄等を含め、委託元と委託先双方が順守すべき情報セキュリティ要件を策定するために役立つサービスが参照できます。

事業継続を考慮すると共に、情報漏えいや紛失盗難といったインシデントの発生に備え手順を定めることを支援する製品・サービスを参照できます。
     
現状ご案内できる製品・サービスはありません。社内体制図については、ガイドラインをご参照ください。
     
現状ご案内できる製品・サービスはありません。委託契約書機密保持条項サンプルついては、ガイドラインをご参照ください。
Copyright (C) 2011-2017 Japan Network Security Association. All rights reserved.